Timeless Thingsについて

Timeless Thingsは、建材・家具・ライフスタイルの中で30年以上もの間、愛され続けている「モノ」や「メーカー」を紹介するブロクです。

ヘリンボーン - 気になるパターン

ヘリンボーン

ヘリンボーンと聞くだけで振り返る方も多いですね。布地に多く見る事ができますが、インテリアでは大きなアイテムとしてフローリングがあります。Timeless Livingでは大工さんに1枚1枚無垢の板を固定する方法をお願いしています。…

» 続きを見る

AJランプ - 控えめなランプ

AJランプ

引き算で考えるモダンな空間の中では、スタンドランプやデスクランプもアートや家具と同様、重要なエレメントです。公共の空間であればシンプルで緊張感のあるデザインのランプでも良いのですが、居住空間にはシンプルでも温かみのあるデザインが必要です。…

» 続きを見る

LINN - リビングルームのオーディオ

LINN

音楽を聴くことに集中出来るオーディオルームとは違って、リビングルームのオーディオには、家族やゲストとの楽しい時間や会話を過ごす為のBGMとしての機能が大切だと思います。

「LINN」のあるリビングルームでは音楽が心地よく、決して会話の邪魔になることがないため、良質な音楽の波と会話の波が共存しています。共存できることは、とても大切な事ですが、難しい技術なのだろうなと感心してしまいます。

» 続きを見る

USM Haller – 生活とともに変化、成長する家具

USM Haller

組立式の家具は手軽で、現代のマンションでの限られたスペースを効率的に使用していくには大変便利な家具です。ただ、一般的な組立式の家具は、後に高さを変えたりする際にパーツを購入しようとしても廃盤になっていたりして、手に入れることが難しいことが多々あります。そして何よりも、組立式の家具の多くは美しくない・・。…

» 続きを見る

Raffles – リラックスできるソファ

Raffles

一日の終わりにリビングで本を読んだり音楽を聴いたり・・ 
2人掛けのソファやL型のソファに、体勢が悪いにもかかわらず横になってしまい、後で後悔してしまうことはありませんか?

このような時間にお勧めのソファが、イタリアの巨匠Vico Magistrettiによりデザインされたlie-down sofa 「Raffles」です。…

» 続きを見る

OO – 船舶で鍛えられたドアノブ

OHSHIMA

日本の新築マンションなどの室内ドアは、どれも軽いなぁ・・と思う事があります。
特にドアを閉めたときに、「カチッ」ではなく、「パタン」という音が軽く感じる一つでもあります。
襖や障子の文化だった日本人がドアを作るから、室内ドアも軽くなってしまうとも言われていますが、新築マンションなどの室内ドアは、内部が空洞で表面に木目調のフィルムが貼られており、ドアノブはアルミ製などの軽いものが一般的です。
特…

» 続きを見る

Farrow & Ball – 質感のあるペイント

Farrow & Ball

建具や巾木などの木製品は、通常はシート貼りなどのお手入れのしやすいものを使いますが、Timeless Livingではペイント仕上をお勧めしています。ペイント仕上の大きなメリットは、「繰り返し塗れる」ということ。塗装が剥げてしまったり時と共に劣化した時に、同じ色を塗ることが出来ます。また、もう一つの魅力は色を楽しめるということがあります。「白」と言っても何十種類もの「白」があり、その微妙な色合いと質感が空間を大きく印象づけるので…

» 続きを見る

Aarne – 日常に使うクリスタルグラス

Aarne

一般的なクリスタルには透明度を作り出すために、鉛を24%以上も溶かし込んでいますが、iitalaのクリスタルは鉛を一切含んでいない、レードフリーのクリスタルグラスであることが大きな特徴です。
森と湖の国フィンランドの「自然を愛する技術と美意識」により作り出されたこのグラスは、シンプルなフォルムで下部に重心があり、見た目以上に安定しています。適度な重量と厚みのあるこのAarne(アールネ)は、高級感を誇るための繊細なクリスタルグ…

» 続きを見る

Y-Chair – 知性を持つ椅子

YChair

足の細いフレームタイプの椅子は、強度が弱く数年したらガタガタしてくるのではないか? とお思いではないでしょうか。
フレームタイプの椅子の場合、フレームの剛性が弱いとある角度では軋んだりするものですが、このY Chair(ワイチェア)には軋みはなく、とても軽いのに大柄な人の体重を十分にかけられる頑丈さを持った椅子です。実際に力学が解る人はこの高い剛性のフレームデザインには衝撃を覚えると言います。…

» 続きを見る

Pfister Lounge Chair – タイムレスなプロポーション

Knoll

ソファの置かれているシーンを思い描く時、どのような場所をイメージしますか?
自宅のリビングで寛ぐためのソファでしょうか?住宅以外にもラウンジやロビーなどにソファが登場します。住宅に比べ、数多くのソファの並ぶラウンジなどでは、主張したデザインではなく、シンプルさと明解さが求められます。
ラウンジなどで今もなお愛されているソファの一つとして、1971年より販売されている「Pfister Lounge Chair」があります。このソファは、四角いキ…

» 続きを見る