Farrow & Ball – 質感のあるペイント

建具や巾木などの木製品は、通常はシート貼りなどのお手入れのしやすいものを使いますが、Timeless Livingではペイント仕上をお勧めしています。ペイント仕上の大きなメリットは、「繰り返し塗れる」ということ。塗装が剥げてしまったり時と共に劣化した時に、同じ色を塗ることが出来ます。また、もう一つの魅力は色を楽しめるということがあります。「白」と言っても何十種類もの「白」があり、その微妙な色合いと質感が空間を大きく印象づけるのです。それは、建具や天井・壁など、大きな面積になればなおのこと、その仕上がりは空間の質をも左右してしまいます。

Farrow & Ball社のペイントに出会ったのは数年前、これまでの単調で味気のない仕上といった印象の「ペイント」の概念を覆すものでした。
英国ならではの落ち着いた深い色合いは、日本人の私達の生活にも馴染みやすい心地良い色が豊富に揃っており、その何十色もの伝統色にはそれぞれにネーミングまでされています。その仕上がりは厚みがあり、細かな粒子が泡立ったかのような繊細な質感で、「塗装=味気ない仕上」といったものではなく、「厚み感のある質感高い仕上」とすることができるのです。

1940年代に英国で設立されたFarrow & Ball社のペイントは、現在でも選び抜かれた天然顔料をふんだんに使用し、伝統的な製法でオリジナルの塗料を生産している英国唯一のメーカーです。天然顔料の素晴らしい点は、品質の安定性の高さと色の奥行きにもあらわれ、ヨーロッパではお城などの歴史的建造物の修復にも使われています。
ペイントには油性や水性等の様々な種類があり、シンナーやラッカーなどで薄めないと使用できないものもありますが、Farrow & Ballの水性ペイントは揮発性有機化合物がゼロ。臭いが全く無い事も大きな特徴です。常に同じ色が手に入るため数十年と住み続けていく中で、必要な時に再生可能な点もTimeless Livingがお勧めする理由です。